情報交換会・全員集会について

配管改修工事の施工各社による「自社の最新技術・工法の紹介と最適工法選択のポイント説明」

2015年9月27日(日)に、本年度第2回の全員集会が開催されました。

いま築30年前後の団地・マンションでの重要課題の一つは、給排水管などの配管類の改修工事ではないでしょうか。改修には大きく更新工事と更生工事に分けられます。前者は、文字通り古くなった配管を取り替えてしまう方法で、後者はライニング工事などにより既存配管の延命を施す工事です。どちらも、メリット・デメリットがある中で、ご自身の住まう団地・マンションで何がベストなのか、ご検討頂く材料として、当連絡の賛助会員の皆様にご協力頂き、配管改修工事の最新技術・工法についてご講演頂きました。その内容を紹介させて頂きます。

 

1. ㈱P・C・Gテクニカ FRPサポーター工法

2. ㈱マルナカ マルライナー工法/トラップライナー工法

3. 京浜管鉄工業㈱ SL-PRO工法

4. いずみテクノス㈱ リノベライナー工法

5. ㈱ヨコソー

6. ㈱長谷工リフォーム HAM-J工法

 

※概要は上記リンクをクリックしてご覧下さい。


PDFファイルをご覧いただくためには「adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
PDFファイルをご覧いただくためには「adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

サイト内検索