第2回全員集会

本年度、第2回目の全員集会を開催しました。今回の全員集会は、2つの講演テーマを設けて開催しました。

 一つは植栽管理です。緑豊かな団地やマンションは、目を楽しませ、心安らぐ住環境をつくってくれますが、樹木の手入れは長期計画に基づいて適宜適切に行なわないと、逆に障害要因となる怖れがあります。地域で活躍する樹木医の新井先生より、余り費用をかけず、良好な景観を維持していく植栽管理の方法を説明して頂きました。

 二つめの講演は、管理費の経費削減のポイントについてです。マンションの維持・管理費は経年劣化とともに増えていきます。それはやむ得ないことですが、その分、各事業の内容や費用のかけ方を、毎年きちんと洗い直して、冗費削減を図ることが大切です。経費削減にも役立つ、管理組合会計のポイントについて、久保先生より解説して頂きました。

  

日時:平成26年10月5日(日)午後1時半~5時

場所:パルテノン多摩 第2第3会議室(4階)
 

第一部 「植栽管理はこうして見直そう!」

講師:新井 孝次朗氏(樹木医)


 多摩ニュータウン地区の植栽に関する現状、問題点、変貌について説明を頂いた後、現況の植栽配置図(樹木管理図)を整備する事の重要性、業者発注への発注形態、できる所は、住民参加で行うなども必要である旨のお話がありました。

 また、まずは、どのような植栽計画にするかのビジョンを持つことが最も重要であり、そのビジョンに向かって、植栽委員会の立ち上げや、組合や住民がどのように植栽に関わるか、業者への発注をどのようにするか、考えて行く必要性があるとのお話でした。

 詳細については、後日ご報告申し上げます。


第二部 「経費削減、ここが管理組合会計のポイント」

講師:久保 泰男氏

   (NPO日住協専門相談員)


 マンションの管理システム(自主管理、一部委託、全部委託など)の違いや、マンションの特徴による区分とそのメリット、デメリット、マンション管理の現状と問題点について説明頂きました。

 むやみに、管理委託費を下げる事は、逆に質の低下につながり、自分達の首を絞める事になる。業務内容を精査し、適正な金額で契約する重要性を強調されておりました。

 また、管理委託経費の削減方法について、事例を使って説明頂き、そのポイント、失敗例なども説明頂き、大変勉強になりました。

 詳細については、後日ご報告申し上げます。



PDFファイルをご覧いただくためには「adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
PDFファイルをご覧いただくためには「adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

サイト内検索